当たる占いについて

当たる占いで大切なこと

当たる占いである「姓名判断」の結果が悪かったので「名前を変えたの、いっこうに運がよくなりません」という人がいるものですが、それは「姓名」が持っている「運気」や「生涯運」というようなものを、正しく理解することができていないからなのです。「でも、私は改名したら運を開くことができました」という人もいるでしょうが、それは、たまたまうまくいっただけのことということにほかなりません。姓名には、その人の生涯運としての運気があるものです。それは、姓名の「総画」でみるものですから、ただ名前だけをよくしようとしてもダメなのです。改名する場合には、姓と名のバランスが大切になってきますから、姓名の総画を重視して考えるようにしなければいけないのです。しかし、簡単に姓を変えるということはできませんから、総画をよくするだけでは悪い運から逃げられない場合もあるのです。それは、先祖の影響が三大にわたっているのだということを理解するようにして、先祖供養を行なって運気を変えるように努めなければいけないのです。その方法について解説してあるのが「三大相関説」です。運気が良くなるように改名したいというのであれば、姓名判断の占い師に相談するのが手っとり早いでしょう。

星座占いとは?

星座占いは、自分が産まれた月に割り当てられた星座でできます。星座に加えて、血液型で占いをするものもあって、より正確に当たる確率も高くなります。星座はおひつじ座、おうし座、ふたご座、かに座、しし座、おとめ座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座の12種類です。ネットで検索すればいろいろなサイトが出てきますが、最近では朝のニュースの中で一日の運勢として12星座占いをやっていることも多いですし、テレビ番組のデータ放送ではいつでも見られることもあります。最下位でも運気をあげるラッキーアイテムなども同時に伝えてくれますし、悪い運気を打破するためにどんなことをしたらいいか、また、いい運気をどんな場面で発揮して活かしていったらいいかも知れるので、12星座占いといえばもう誰でも気軽に日常的に出来る、そんな物になって来たのではないかと思います。ネットではもっと詳しく星座だけで調べられるのもありますし、占い好きな方々はネットでももっと調べてみるといいかもしれませんね。星座なら誰でも持っていますし、暇つぶしにも最適だと思います。